Skip to content →

英語習得|私の経験上…

なるべくうまくスピーキングするための裏技としては、英語には「万」という単位がないので、1000単位でとらえて、「000」の前にきた数字を着実に発音するようにすることが大事なポイントです。
ラクラク英語マスター法というやり方が、どうしてTOEIC受験に力を発揮するのかと言ったら、実はよく使用されているTOEIC対策の問題集や、受験クラスには存在しない着眼点があることが大きいです。
いわゆる英和辞典や和英辞書等の様々な辞書を活用していくことは、めちゃくちゃ大事ですが、英会話学習においての初期には、辞書そのものにあまり頼らないようにした方がよいと考えます。
「周囲の目が気になるし、外国語を話すっていうだけで肩に力が入る」という、大多数の日本人が意識している、このような2パターンの「メンタルな壁」を開放するだけで、英会話はとても簡単に話すことができるだろう。
耳慣れないピンズラー英会話というものは、ポール・ピンズラーという博士が開発した学習メソッド、小さい子どもが言語というものを覚える際の仕組を使った、耳と口を直結させて英語を体得するという新基軸の英会話レッスンです。

こんなような意味だったという表現は、多少頭の中に残っていて、そんな言葉を時々耳にしている間に、わからなかったものがひたひたとしっかりしたものに転じてきます。
私の経験上、読むことを多く実施して英語の表現をストックしてきたから、それ以外の3つの技能(ヒアリング・ライティング・スピーキング)などは、別々によくある教科書を2、3冊こなすのみで通用した。
英語をマスターするには、とにもかくにも「英文を読むための文法」の知識(いわば受験的な文法問題を解くための詰め込み勉強と別物と考えています。)と「最低限覚える必要がある英単語」を覚え込む意欲が大事になってくるのです。
一定時間に集中して英語を聞くという英語学習法は、聞き分ける能力ばかりでなく、聞いたままに話すシャドウイング、書く方のディクテーション等の学習をする時にも利用可能なため、様々な種類を取り纏めながら勉強する事を進言します。
英会話においてのトータル的な力を磨くために、NHKのラジオ英会話では、テーマによった会話によって会話できる能力が、加えて海外ニュースや、歌などのたくさんのネタによりリスニング力が自分のものにできます。

とても有名なドンウィンスローの小説は、とても面白いので、すぐにその残りの部分も知りたくなるのです。英語の学習といった空気感はなく、続編が気懸かりになるために勉強自体を維持できるのです。
英語で会話する練習や英文法の勉強は、何はともあれ徹底してヒアリングの訓練を行った後で、要するに「暗記しよう」と考えずに自然に英語に慣れるという方法を一番だと考えているのです。
英会話の勉強では、まず最初に文法や単語を覚え込む必要性があるけれども、最初に英会話をするための意味を正確に把握し、知らない内に作り上げてしまった、精神的なブロックを外すことが肝心なのです。
「英語圏の国を旅する」とか「外国人と知り合いになる」とか「イギリスやアメリカの映画や、歌詞が英語である音楽やニュース番組を英語で聴く」等の多くの方法が提案されますが、なによりも基となる単語を2000個程は諳んじるべきです。
オーバーラッピングという英語練習方式を取り入れることによって、聞き取れる能力がより強化される理由が2種類あります。「しゃべれる音は判別できる」ためと、「英語の処理能力が上がる」ためだということです。

Published in 英語習得