Skip to content →

英語習得|ある語学学校では…

英会話カフェというものの特色は、英語スクールと英会話のできるカフェが、合体している点にあり、言うまでもなく、カフェだけの入場も問題ありません。
多くの場合、英会話を修得するためには、アメリカ合衆国、イギリス英語、元はイギリス植民地であったオーストラリアなどの日常的に英語を使っている人や、英語を用いた会話を、一定して喋る人と会話をよくもつことです。
オーバーラッピングという手法をやってみることにより、ヒアリングの精度がレベルアップする理由と言うのは二点あります。「自分で言える音は聞き取って区別できる」ためと、「英語の処理効率がアップする」ためのようです。
何かをしつつ英語をヒアリングするということも重要ですが、せいぜい1日20分で構わないので聞くことに専念して、会話の練習やグラマーのための学習は、充分に聞き取ることを行ってからやるようにする。
英語というものには、繰り返し言うリピーティング、速さを要するシャドウイング、「聞き書き」のディクテーションなどの色々なバリエーションの効果的学習方法がありますが、初級の段階で求められるのは、ひたすら聞き続けるやり方です。

講座の要点を明白にした実践型授業をすることで、異なる文化の生活習慣やエチケットもまとめて習得することが可能で、コミュニケーションする力をも向上させることができます。
何のために日本人は、英語でよくいう「Get up」や「Sit down」といった語句を、「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」といった感じに発音するのか疑問です。このようなときは「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するべきだと思う。
世界中で愛されている『ドラえもん』の英語版の携帯アプリ「ドラえもんイングリッシュコミックス」等も販売されております。ですので活用すれば意外なほど勉強のイメージだった英語が身近に感じられるようなります。
携帯(iPhoneなど)や人気のAndroidの、英語のニュースを聞ける携帯パッケージソフトを毎日使うことで、耳が英語耳になるように鍛錬することが、ネイティブに近づくための近道だと言っても過言ではありません。
いわゆる英会話は、海外旅行を危険に遭遇することなく、更に快適に行うための一種の用具のようなものですから、外国旅行に頻出する英会話そのものは、皆が想像するほど多いものではないのです。

ある語学学校では、日に日に水準別に実施されている集団レッスンで英語の勉強をして、それに加えて英会話カフェコーナーで、現場主義の英会話を実践しています。実用と学習の両方が大切なことなのです。
世間でよく言われるように英会話の多岐にわたる能力を付けるには、英語を聴くことや英語のスピーキングの双方を訓練して、より実用的な英語で会話できる能力を会得することが重要です。
ビジネスの場での初対面の挨拶は、ファーストインプレッションに直結する大事な要因ですので、間違うことなく英語で挨拶することが可能になるポイントをともかく習得しましょう!
様々な役目、多彩なシチュエーション等のモチーフに則った対話劇形式で会話の能力を、合わせて英語トピックや歌、イソップ物語など、多様なテキストを駆使することで、聴き取り力を体得していきます。
英語学習には、種々の効果の高い学習方式があって、「オウム返し」に繰り返すリピーティング、シャドウイング方式、「聞いたことを書き出す」ディクテーションと、最近評判の海外ドラマや映画を盛り込んだ実用的学習など、その数は無数です。

Published in 英語習得